風水で人間関係を良くする!!

Pocket

2016年1月親子ゲンカが絶えないので悩んでいるとのことからある御宅を訪問して風水を変更しました。

『黄 龍英』師匠から事前に連絡あったのか玄関まわりがいくぶんスッキリ。

依頼主「できるだけ片付けはしたんですけど。」

師匠「うん、いいんだけど、これとこれもね。」

玄関の目に入るもの様々なものが取り除かれていきました。

水が自然と山へ向かうように

風水で”水”というのは、

情報だったりお金だったりを表します。

玄関から入って、

流れやすい玄関ならすっと部屋の中に入り、

荷物だらけの場所なら、水はさっと外に返ってしまう。

時に例外もあるようですが、基本的には玄関周りはキレイにしておいた方がいいようです。

玄関を上がり、リビングに向かう途中、

「うわぁ。」

という黄 龍英師匠

リビングに向かうドアを見上げれば、

鬼のような般若のような強面のお面が。

「これで居心地わるくなってるんじゃないの?」

師匠のご夫人、『張 美竹』母師匠からも指摘があり、

小さな脚立を持ち出し強面のお面を取り除くのでした。

「ここ、シースルーになって、向こうから丸見えなんだけど、厚手のカーテンかけてもらえません?」

「この角が”財”にあたるんで、ここの荷物はちょっと片付けてもらえます?」

矢継ぎ早に飛び交う先生からの指示。

玄関から入ってきた水が、リビング隅の一角にあたる山を向かう様に。

飛び交う言葉はまるで大自然の中にいるようで。

依頼主さんも、言われるがままにメモをとり、忘れちゃうからとその場でどんどんインテリアの配置換えを行って頂きました。

ゲルニカをのぞんで

リビンクでの説明を終わり、2階に向かう最中も指示がたっぷり。

「これとこのお面片付けてもらえます?」

「あぁ、この凧もね。」

一歩一歩周りを見回しながら階段を上っていって。

U字型のつくりで、途中折り返しながら2階にたどり着いた先に洗面台が。

2階に上がって右側にトイレがあり、その隣に洗面台があるというレイアウトなんですが。

「あぁ、これはまずいね。」

突然つぶやく『黄 龍英』師匠。

「え?何がですか?」

その場にいた全員がきょとん。

「だって鏡越しにあれが見えちゃうでしょ。」

師匠の指先を追う様に目線を動かせば、

そこにあったのは、

人類史上に公然と輝く
大天才画家、”ピカソ”の大名作のひとつである、

“ゲルニカ”。

師匠「あれ戦争の絵だから。」

依頼主「え!そ、そうなんですか?!」

ゲルニカと言えば、
第二次世界大戦中に起こった悲劇であり、
グーグル検索によれば、

“ドイツ空軍のコンドル軍団によって
ビスカヤ県のゲルニカが受けた
都市無差別爆撃を主題としている。”

という、
いわくつきの絵。

「ここで毎日顔を洗うでしょ。
で、パッと顔を上げれば、
鏡越しにゲルニカが目に入るでしょ。」

まるでサブリミナルのように、戦時中の念がこもったその絵のせいもあり、

依頼主さんとそのお父様が険悪の仲になっていたのか。。

「この絵もよくないね。」

先生の指を追えば、きっと有名であろう、なにやら賭博をしているような絵画が。

なんとも挑発的というか、独特の風味を醸し出していて。

水の流れを2Fにも通すため、

例にもれず、その全てを撤去することになりました。

忍び寄るメンズラリホー

階段から2階にかけて、様々なインテリアを全撤去しているさなか、

同伴していた筋肉の達人であり兄弟子の、『黄 慶山』から大きなあくびが。

僕もまたなんとなくあったかい雰囲気に。

全撤去を終えた階段を見渡すだけで清々しい気持ちになったからなのか。

先生の言う通り、たくさんのインテリアがおかれていることで、水の流れが悪くなっていたよう。

他にも対策はいろいろありつつ、対策する事約1時間。

全ての対策を講じ、リビングにてお茶を頂いている最中、兄弟子の岩豹もまた重たい目つきに。

岩豹「・・なんかすっごい眠いんですよね。」

蒼天「・・僕もそうなんですよね。」

慶山「・・2Fを片付けてる最中から眠くて眠くて。」

黄 龍英師匠「水の流れがよくなったからね。男が落ち着ける様になったんだ。」

聞けばこのお家。

風水的に、男性が落ち着いていられない家らしく、

主のはずのお父さんがしょっちゅう外にでて帰ってこず、

帰ってきたと思えば、母と依頼主とぶつかっていたそうで。

黄 龍英師匠「だいたい2週間くらいで効果でてきますんで、ちょっと様子見しておいてくださいな。」

とお伝えし、風水対策を終えたのでした。

改めて思い返しても、なんとも不思議なイベントになりましたね。

で、
他からもちょくちょく風水鑑定の依頼を頂いており、

来年2月(旧暦1月)からは風水鑑定も増えそうです。

最近ますます忙しくなってますが、笑って過ごせているので良しですかね。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする